出川とセットでよく見かけえる河北麻友子。「イッテQ」の出川ガールとして人気がありますよね!

最近はバラエティー番組に出演したり、流ちょうな英語やそのキャラで多彩な才能を発揮

 

でもデビューのきっかけは「第9回全日本国民的美少女コンテスト」のグランプリを受賞したことから。

上戸彩も受賞し、その後も売れっ子タレントを多数輩出した、かなりレベルの高い賞なんです。

応募者10万人の中の1位ってすごすぎです。

 

その後はファション雑誌「VIVI」や「Pretty Style」の専属モデルを務めるなど、モデルとしても活躍。

 

そんな順風満帆な河北麻友子ですが、ストレスなのか?体系維持なのか...

摂食障害に見られる「吐きダコ」があったらしいのです。心配ですよね。

今回はその噂の「吐きダコ」について調べてみました!

 

 

河北麻友子の身長、体重は?痩せすぎで心配?画像あり!

https://www.instagram.com

河北麻友子のプロフィールを見ると、身長163cmとあります。体重は書いていないんですよ。

ネット上に上がっている情報だと、なんと36キロとのこと。163cmならば、40キロ台でもかなり細い

部類に入ると思いますが、まさかの40キロを切っている様子。

インスタにミニスカートの写真が多数投稿されていますが、ちょっと病的?な感じもしちゃうくらい「細!!」です。

 

https://www.instagram.com

モデルさんってこれが普通なんでしょうか?他のモデルさんと比べても細すぎす(-.-)

デヴィ夫人に以前言われた”鶏ガラ”みたいでかわいそう。

 

河北麻友子のインスタに上がっている”激細”足写真を見てみましょう!

 

https://www.instagram.com

https://www.instagram.com

https://www.instagram.com

https://www.instagram.com

https://www.instagram.com

背中の骨が見えちゃって痛々しいぞ...

 

 

河北麻友子の吐きダコとは何?

https://www.instagram.com

噂の始まりは

河北麻友子がテレビ番組に出演した際、手に「吐きダコ」と呼ばれる跡があったらしいのです。

吐きダコ」の跡とはどんなものなのでしょう?

 

「吐きダコ」とはウィキペディアで調べてみると

自己誘発嘔吐によって、咽頭に爪による潰瘍を生じたり、利き手の指や手の甲に胼胝(タコ)ができたり(いわゆる“吐きダコ”)することもある。

https://www.google.com

簡単に説明すると、吐くために手を口にいれるので、そこに歯があたって跡が残る。それが慢性的になるとタコのような

跡になってしまうようです。

 

モデルの摂食障害は結構多いみたいですね。

あの有名なモデルの知花くららも自身のエッセイで摂食障害だった時期があったと告白しています。

その他にも宮沢りえや真木よう子が激やせしたときは、摂食障害なのでは?と疑われましたね。

 

モデルは洋服を美しく見せないといけないので、ウエイトコントロールが大変。それが度を過ぎると摂食障害を

引き起こしてしまうようです。

 

河北麻友子も有名雑誌の専属モデルともなれば、スタイル維持は当たり前でしょうし、後輩に抜かされるのでは

プレッシャーも半端なかったのではないでしょうか?

 

 

河北麻友子の吐きダコが「アメトーーク」で発覚した?出演画像あり!

https://www.google.com

 

先ほどの河北麻友子の「吐きダコ」が見つかった番組は「アメトーーク」。

指輪をみせる場面で、手の甲をカメラ側に向けた時、手の甲に「吐きダコ」と思われる痣があったようです。

「アメトーーク」の分かりやすい画像は見つけられませんでしたが、インスタに吐きダコと思われる写真を見つけました

 

https://www.instagram.com

※右手の人差し指と中指の付け根に紫色の痣のようなものが見えます。

 

https://www.instagram.com

※こちらも右手の人差し指と中指び付け根に痣のようなものが。

 

本人が公表していないので、真偽は定かではないですが...

吐きダコを疑われる特徴的な跡があることは確かなようです。

 

 

河北麻友子は英語が堪能な帰国子女?日本で苦労した?

https://www.instagram.com

 

河北麻友子はにニューヨーク出身のアメリカ国籍

両親は日本人ですが、16歳までニューヨークで生活したので、英語はもちろんネイティブレベル

日本語は自宅ないでは日本語を話すルールだったそうなので、日本語も話せるが、漢字は苦手のようです。

テレビ番組でも、出川の片言英語につっこみを入れていますよね(笑)

 

河北麻友子さんの英語は当然ネイティブレベルで、ニューヨーク特有の「早口英語」も当たり前のように習得したそうです。
日本語も流暢に話せるのは、「家では日本語で話す」という教育方針があったからだとか。
お正月も毎年母の手作りのおせち料理を食べていたそうですよ。ただし「日本語よりも英語のほうが得意」と公言しており、公式プロフィールにも「漢字が苦手」と書いています。

 

 

https://www.instagram.com

 

河北麻友子も帰国子女ならではの悩みがあったようです。

文化が違うので、日本に慣れるまで相当苦労した事

堀越高校で同級生だった女優の忽那汐里が心のよりどころ

だったから、なんとか高校生活を乗り切れたと言っています。

16歳で芸能界活動をしながら並行して高校生活を送るのは、帰国子女の河北麻友子にとっては大変だったことでしょうね。

 

河北さんの堀越高校の同級生には、同じくオーストラリアからの帰国子女で女優の忽那汐里さんがいました。
忽那汐里さんとはとても仲がよかったそうで、
「いっつも英語でしゃべってた。汐里がいなかったら死んでた」と言っています。慣れない日本語や生活への苦悩を2人で分かち合っていたようですね。