Instagramの女王と呼ばれる渡辺直美。スレンダー美女が崇拝される世の中で(笑)”おデブの希望の星”といっても過言ではないでしょう。
今回は、渡辺直美のデビュー当時から今までの体重変化と”幻の42キロ台”について調べてみました

渡辺直美の身長、体重は?2019年は何キロになる?


渡辺直美の公式プロフィールでは

身長157cm

体重103kg

一部記事には、現在の体重は107kg。
まもなく110キロの大台に近いとの噂もあります。
身長は157㎝と意外と小柄ですが、小柄なお相撲さんバリの体重ですね...
Instagramの写真を見ると、水卜アナの2.5倍はあります(笑)

かなり大きいです(;^ω^)

渡辺直美は、2018年にアメリカのアーティストビザを取得し、2019年は日本とニューヨークを行き来しながら仕事をする予定なので、有名レストランがひしめくニューヨークで、より一層太って帰ってくるかもしれません(笑)

 

2019年は110キロの大台を超えるか⁉

今後も見守りましょう!

 

渡辺直美の体重変化がすごいらしい?

渡辺直美はデビュー当時から現在まで30キロ以上太ったそうです。
その変化を見てみましょう!

2007年  デビュー当時は70キロ台

引用:https://matome.naver.jp

2007年、それまで組んでいたコンビを解消してピン芸人としてとして活動を始めた当時は、まだぽっちゃりだった渡辺直美。

その後、ビヨンセのモノマネで大ブレイクしてからは、めきめき体重が増えて
今に至っています。

この当時はまだ、”ぽっちゃり?枠”に入っていますね(笑)

 

2008年 1年でまさかの13キロ増

引用:https://beauty.oricon.co.jp

↑この勢いで高カロリーメニューを食べて、着々と体重を増やしていったのでしょう(笑)

2008年は食べすぎがたたり、1年の間に13キロも増えたそうですよ。
太ったことで、用意されていた衣装が入らなくなりピンチ!
『笑っていいとも』の衣装さんにキレられそうになった事もあったとの事(笑)


しかし本人は太った事をあまり気にしてないらしく、13キロ太ったことに対しても、こんな自虐コメントをインタビューで語っていました(笑)

 

「股ずれでジーパンにすぐ穴が空いたり、歩き方がガニマタになった。

 芸人じゃなかったら引きこもってるかもしれないです」

 

2012年 100キロ越え

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

 

2012年には『今夜くらべてみました』の番組の中で、マヨラーもドン引きの驚きの食生活を披露。

チゲ鍋にマヨネーズを大量に投入し、さらにカキフライを入れて衣をドロドロにして食べるのが大好き。辛いものが苦手なので、マイルドにするための方法のようですが...
共演者もドン引きだったようです。

総カロリーを考えると、恐ろしいですね。
マヨネーズ×揚げ物は、おデブになるには最強かも(笑)

 

2015年 100キロ前後をうろうろ

 

相変わらず食べる量はハンパなく炭水化物やマヨネーズが大好き
「ネギトロ丼、唐揚げ、うどん」を1回に食べるのは当たり前。

出前が大好きで北京ダックや回鍋肉などを注文し、1回の支払いは2万円以上になることもあるそうです。

本人いわく、太りすぎて、お尻と足の境目が分からなくなるほどだったそうです。
2007年のデビュー当時から比べると顔が2倍に見えますね(笑)

 

渡辺直美は体重42キロ時代があった?痩せている頃の写真あり!

引用:https://free-style-info.com

ホントに42キロだったの??と思いつつ調べてみると、この写真が出てきました。
中学生時代の写真です。今と比べれば別人ですが面影はありますね。
小柄な中学生時代なら42キロもありだと思います。

渡邊直美の家は母子家庭で貧しく、食べることにも困った程だったとのこと。
そんな家庭状況も影響していたのかもしれませんね。

芸人デビューしてからはさすがに42キロは無いようです。

 

渡辺直美が痩せられない理由が深い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍒さんまのまんま🍒 インパクトある写真をインスタに載せようという話になり、私をおんぶしたらいいねが凄い来るだろうとさんまさんがおっしゃったので、やったら普通に事故ったw 2人とも死にかけた☠️ なぜか私も死んだw その様子は10/9 21:00から是非是非見てください🌵🌸🌵 #さんまさんもインスタやりたいんだって #是非みたい #いいねたくさん来るかなー #と最後ボソっと可愛く呟いてた #さんまのまんま #初めてテレビでたのがさんまのまんまでした #10年後にさんまさんにおんぶしてもらえるなんてw #普通のツーショットも撮りたかったw

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 –

 

渡邊直美が太っている理由は、ただ単に食べすぎたからではないようです。

 

「自分を変えた方が楽しく生きられる」

10代のころは、太っている事にコンプレックスがあって、「自分は太っているから」と「私なんて」が強かったようです。周りの男の子からもデブ扱いされて、可愛い女の子に差をつけられるのも慣れっこになっていたそう。

しかし、「自分を変えた方が楽しく生きられる」と考え方を変えたら、毎日鏡にうつる自分が大好きになったそうです。

 

太っている人を見てそのまま「デブ」って言うなんて「語彙力なさすぎじゃない?」って。

そんなふうにして自分の気持ちを変えたほうが楽しく生きられるなと気づきました。

 

太っていてもおしゃれしたっていい!

太っているから、おしゃれを楽しんではいけないと思ってほしくない
そんな思いからお化粧やファッションまで、自分の感性に従って自由に表現する事を大切にしてほしいというメッセージが込めて、Instagramの発信を続けているようです。

 

「現在の渡辺直美フィーバーを支えているのは、そのふくよかな体型と、
そこに希望を見出す大勢のファンによるインスタグラムでのフォローです。

“太っていてもこんなにオシャレできる”といった前向きなメッセージを体現し
続ける渡辺には熱烈で“ふくよかな支持者”が多く存在し、突然ガリガリになってしまえば
裏切り者というレッテルを貼られかねません。

脂肪を筋肉に変えたいという曖昧な目標や、即座に“ダイエット宣言ではありません”と
釘を刺した背景には、太っていることで得られている支持者からの声への気遣いが
あるのかもしれませんね」

 

 

さらに渡辺直美は「PUNYOS」というブランドを立ち上げて、おデブちゃんもおしゃれにかわいく生きられると発信し続けていますよね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@punyusがシェアした投稿


世界的にも、おデブをもろともせず、パフォーマンスする姿が絶賛されています。

デビュー10週年には自身初のワールドツアー「Naomi Watanabe WORLD TOUR」が大好評に終わり世界で評価されました。

おデブちゃんの希望の星として、これからもがんばって欲しいですね!