今や女子テニス世界NO1に輝く大坂なおみ。カタコト日本語やシャイな人柄がとってもかわいいと大人気ですね!

お寿司や鰻が大好きで、見た目はパパ似だけど中身は大和撫子のようです(*^^)

家族仲良しと有名ですが、ネット上で両親が離婚?という噂がありました(-_-;)ホント??

今回は、大坂なおみの父や母、祖父について調べてみました!

大坂なおみの両親は離婚?画像あり!

 

 

姉妹仲良しで有名な大坂なおみですが、ネット上で両親が離婚?という噂があります。

大坂なおみの両親は離婚しているのでしょうか?

 

調べてみると、やはりガセネタでした( `ー´)ノ

 

たびたび大坂なおみのInstagramにママとの写真は家族の写真が投稿されているので、

離婚はないだろう。。。と思いましたが

それに、離婚していたならあえて家族写真を載せることはないだろうと思います。

何がきっかけでそのような噂が出たのか疑問ですが...2019現在で離婚の事実はありませんでした。

大坂家が一丸となって、大坂なおみを応援していることと思います!

 

大坂なおみの母はTwitterで裏切られたとSNS発信?コメントが意味深?

 

 

大坂なおみの母がツイッターで呟いたことが、ネット上でざわさわしていたそうなんです。

現在は削除された投稿なのですが、「信頼していた人に裏切られた」といった内容だったそう。

 

最近、大坂なおみがコーチのサーシャと決別したことから、

”もしかしてサーシャが何かしたの?”

”裏切った相手ってサーシャ?”

と憶測をよんだみたいですね。

 

しかし、この件について大坂なおみの母はコメントせず。

大坂なおみも、サーシャコーチとトラブルはないと話したことから、

コーチ解消事件とは関係ないものと思われます。

 

大坂なおみとコーチとの関係が悪化?

 

 

これも、噂レベルになってしまいますが、大坂なおみとサーシャコーチが突然契約解消となった理由に、

信頼関係の崩壊があると言われています。

元テニス選手の杉山愛が、テレビ番組で、絶好調なときにコーチを変えるのは一般的ではない。と語っていました。

確かに、波にのって成長してるときに、わざわざそれを止めえるようなことはしませんよね...

 

 

海外サイトで気になる記事を見つけました。

大坂なおみが、チームのメンバーに対して疑念を抱いてる?と思われる内容でした。

翻訳が分かりにくいですが、要は家族よりチーム優先で、自分の幸せ度合いよりも試合に勝つことが優先!という

生活がイヤになったのでしょうか?

 

大阪直美さんは、サシャバジン監督との関係を結ぶのは金銭ではないと言っています。彼女はまた、

幸福を決して成功させないと主張しています。

ドバイの大阪はWTAに次のように語っています。これは私が今まで聞いたことがある最も有害なことの1つです。

私は私のチームのみんなと一緒に旅行します、そして私は彼らが私の家族よりももっと多いようです。

私は彼らにそれをすることは決してないだろう。私の理由は、私が幸福よりも成功していないということです。

成功のために私の周りの人を維持することに対する私の幸せを手放すことはできませんでした。」

 

 

日本でのインタビューでも「キャリアでの成功よりも自分の幸福度のほうが大事」と言っていました。

世界ランキングNO1になれば、様々な利権も絡んでくるし、テニスが好き!強くなりたい!

という純粋な気持ちだけではNO1は維持できないのかもしれません(-_-;)

 

大坂なおみとサーシャはぎりぎりまで良好な関係だった?

 

 

1月24日の地点では、サーシャコーチはTwitterで”なおみを誇りに思う。そしてチーム最高!”とつぶやいています。

https://twitter.com/BigSascha/status/1088338841390407687

 

しかし、すぐに大坂なおみのコーチを辞めるツイート。ちょっと不自然ですよね...

https://twitter.com/BigSascha/status/1095071608908251142

 

 

大坂なおみも1月28日の地点では、”みんながいなければ達成できなかった!”という内容をつぶやいています。

 

しかし、2月12日にサーシャコーチとの決別ツイートがあったので、

この少しの間にかなり深刻な出来事があったのでは?と想像してしまいます...

 

大坂なおみの母の実家は北海道の根室?母の年齢は?

 

大坂なおみの母、大坂環は北海道の根室市出身です。

夫と出会い密かに交際を続けていましたが、保守的な地域柄もあってなかなか親に紹介ができなかったそう。

 

そして、思い切って紹介したら、予想通り父親には大反対され、勘当同然に家をでて関西に移り住みました。

日本で長女まりと次女なおみを出産しましたが、将来の事を考えてアメリカに移住。

 

若いころの写真がないので比較できませんが、アメリカ生活が長いからか、日本人ぽくないですよね(笑)

年齢は2019年現在で48歳

 

大坂なおみの母の実家が資産家ってホント?韓国との噂も?

 

大坂なおみの母、大坂環は結婚を反対されて勘当同然に家を出ました。

父親は、根室の漁業組合で会長を務める大坂哲夫

テレビに映る実家は、かなり立派なお宅でした。地元の名士で資産家であることは間違いないでしょう!

 

今では、大坂なおみがテニスで活躍しているのを見て、インタビューに答えたり、

孫の大坂なおみを一生懸命応援していますね。

離れていた時を取り戻すかのように、今は娘家族との時間を大切にしているようなんです。

 

小さいころから一緒にいたわけではないので(心の)距離も少しあるんじゃないかな」と話す。

ただ、なおみ選手が日本に戻るたびに、大会の応援に駆けつけたり、すしや焼き肉をごちそうしたり。

 

おじいいちゃんが、ピアスを買ってあげるなんてステキですね!

3年ほど前には「有名な選手はみんなピアスをしているから、じいさんが買ってやる」と言って、

東京でピアスを買い与えた。なおみ選手の日本の住所は、札幌市にある大坂組合長の別宅。

 

大坂なおみが、お寿司が好きなのはおじいいちゃんの影響かもしれません(*^^)

 

 

なぜか、韓国が実家?という噂がありましたが、大坂環の実家は北海道です(;^ω^)

 

大坂なおみの父はハイチ?出身の国は?国籍はどこなの?写真あり!

 

 

大坂なおみの父親はハイチ共和国出身のレオナルド・フランソワ。

国籍はアメリカ。

アメリカニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業して、日本で英語講師をしていました。

日本で妻の大坂環と出会い、駆け落ち同然で関西に移り住み、その後アメリカに移住。

 

 

早くから娘の天才的な身体能力に気づいていたのか、独学でテニスを学び指導をはじめました。

サーシャコーチが専属でつくまでは、父がずっと大坂なおみのテニスを支えてきたのです。

全く素人だったお父さんが、世界のトップランキングまで成長させるなんてほんとにすごい!!

 

昨年まで大坂はツアーに帯同するコーチをつけていなかった。コーチ役を務めていたのはハイチ生まれの父親

レオナルド・フランソワ氏。大坂に幼少期からテニスを教えたのはフランソワ氏だが、テニスの経験はなかったといわれる。プレー経験があるのはバスケットボールとアメリカンフットボールで、テニスに関しては素人同然だったのだ。

が、トッププレーヤーのビデオなどを繰り返し見て勉強。それを参考に指導したそうだ。

 

大坂なおみの父の職業は?ナイキに勤務?

 

 

大坂なおみの父レオナルド・フランソワは、二人の娘のテニスの指導をしてきました。

職業はテニス指導者と言われていますが、それ以外にも映画監督をしていたという事が分かりました。

しかし、一般人のためそれ以上の詳細は分かりませんでした(+o+)

ナイキに勤務?と??な噂もありましたが、ナイキに務めている事実はありません。

ちなみにスポンサーでもありませんでした(;^ω^)

 

大坂なおみの父親は全豪オープンテニス優勝で泣いた?

 

 

大坂なおみのメインコーチがサーシャに変わって、大坂なおみはメキメキ実力を上げてきました。

しかし、もともと大坂なおみの基礎を作り上げ、ずっと寄り添って来たのは父です。

 

 

3歳から第2の「ウイリアムズ姉妹」を目標に家族一丸となって向かったテニス人生で、

世界ナンバーワンという快挙は想像以上だったと思います。

 

 

インスタグラムでは父、母そしてトロフィーを持った大坂なおみの3人で撮った写真がUPされていました!

今までの長い道のりを思うと、父レオナルド・フランソワは感慨ひとしおだったことでしょう!!

 

大坂なおみの父親はニューヨーク大学出身?日本語話せる?

 

 

大坂なおみの父親はニューヨーク市立大学出身です。

先ほども書きましたが、全く素人から独学でテニスを勉強して、娘をトップアスリートに育てたということは、

かなり優秀な人だと思います。

テニスの知識はもちろん、フィジカル、メンタル両方をケアしないといけないですしね。

 

大坂なおみの父レオナルド・フランソワは日本語ができる?

 

 

大坂なおみの父レオナルド・フランソワは、日本での生活が長かったので、日本語もかなり堪能だったようです。

日本で生活していた頃は「変な関西弁を話す、ゆかいなおっちゃん」といわれていたようですよ!

 

 

雑誌のインタビューで、父のかつての同僚がインタビューに答えていました。

「父親は、10年近く日本にいたので、日本語もうまく、奇妙な大阪弁でよく周囲を笑わせていた。

語学学校で『ぼちぼちでんな』と話すなどオモロい先生で人気だった。母も大阪のおばちゃんのような感じで、

飲みに行ったら横のテーブルのひとと親しくなり、朝まで飲み明かすというフレンドリーな人

。テニスは父がウィリアムズ姉妹に感銘を受け、教え始めた」

 

公営コートや公園で娘二人へのテニス指導をしていて、ハーフのかわいい姉妹とおもしろいパパがテニスの練習をしている!と地元では評判だったそう(笑)

⇒大坂なおみ姉についてはこちらの記事をどうぞ!

 

「レオナルドさんは、スパルタ的な教え方ではなく、楽しむように、『なおみ、ナイスやんか』とか、

日本語と英語でちゃんぽんで教えていました。その光景がテニス場の周囲の人にうけた。

ハーフのかわいい姉妹がお父さんと練習していると評判になり、アイドル的な感じになっていた。

ジュースやおにぎりの差し入れとかたくさんあった」

 

自宅でもテニスの練習を欠かさなかったそうです。

泣いてもむくれても、あやしながら練習されるなんて、幼いころから子供に寄り添った教育をしていたのでしょう。

 

「リビングとベッドルームとドアを全部あけて広いスペースをつくり、そこで姉妹2人に試合させていた。

当時はもちろん姉が勝ったので、なおみちゃんはふくれて、『もういやや』と言って、泣くこともありました。

しかし、しばらくしたらまた、おねえちゃんと試合するとラケット持っていた。父はボール投げて、

姉妹にレシーブさせたり、壁にサーブ打たせたりして、家の中はいつも、散らかっていましたが、楽しそうでした」

 

大坂なおみの両親はなぜ「大阪」姓を選んだの?

 

 

大坂なおみは母方の大坂姓を名乗っています

大坂姓を選んだ理由が娘たちの将来を思って、日本名にしたそうなんです。

 

娘達が大きくなって独立した時、外国の名前だと家を借りるのにも苦労する。それならば受け入れられやすい

日本語の姓名のほうが、後々子どもたちが暮らしやすくなるのではと考えたようです。

 

あまり表には出さないですが、小さい頃はハーフということでいろいろあったのでは?と思います。

父が日本で仕事をする中で、日本で外国人が生きるのが大変な面もあったのでしょう。

 

更に、大坂なおみが国籍を日本で登録してトーナメントに出場している理由が泣ける!!

 

 

大坂は米国テニス協会のジュニア大会に多く出場しているが、目立った成績は残していない。

米国では完全に埋もれた存在だった。大坂一家は米国協会に支援を申し込んだが、

大して取り合ってもらえなかったという。

しかし大坂が16年全豪で予選を勝ち上がり本戦で3回戦に進むと、米国協会は強烈なアプローチを仕掛けてきた。

日米争奪戦の勃発だった。

米国は女子代表監督が自ら乗り出し、多額の支援を約束したと伝えられる。

だが大坂の父フランソワさんは、無名の時から娘を支援し続けた日本の恩義を尊重したという。

だからこそ、いまでも大坂は日本で登録し続けるのだ。

 

苦しかった時代を日本の団体が支援して、大坂なおみを見守ってくれたので、日本に深い恩義を感じて

日本人として戦っているとのこと。

これからも買っても負けても、大坂なおみを応援して行きましょう!!